ここから本文です

カフカ「審判」を現代の東京を舞台に映画化 ジョン・ウィリアムズ監督新作6月公開

3/10(土) 10:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]「SADO TEMPEST」のジョン・ウィリアムズ監督が、フランツ・カフカの小説を基に描いた映画「審判」が、6月30日から東京・渋谷ユーロスペースほか全国で公開されることが決定。あわせて、「木村陽介。」「銀行員。」「30歳の誕生日に、逮捕。」「罪状不明。」という文字が点在し、地面に記された矢印やラインに惑わされているスーツ姿の男をとらえたポスタービジュアルを、映画.comが先行入手した。

【フォトギャラリー】「審判」キャスト

 得体の知れない巨大な力、システムにコントロールされた理不尽で滑稽な出来事が、次々と主人公であるKの身に降りかかる不条理文学「審判」。現代の東京を舞台にした映画は、銀行員・木村陽介を主人公にして、サスペンスとブラックユーモアを織り交ぜた物語を紡ぐ。30歳の誕生日の朝を迎えた木村は、自宅マンションのベッドで目覚めると、なぜかその場にいた2人の見知らぬ男から「逮捕」を告げられる。罪状は不明だが、無実を主張すればするほど、蜘蛛の巣のようなシステムに絡みとられ、どんどん身動きができなくなっていく木村。救いを求めてあがくものの、期待はことごとく外れてしまう。

 主人公Kこと木村を演じるのは、個性派俳優にわつとむ。そのほか、弁護士・田辺役に品川徹、叔父役に高橋長英、木村を逮捕しにやってくる小倉と相馬を、それぞれ田邉淳一と工藤雄作が演じ、村田一郎が判事と人形遣いの2役に挑戦。大宮イチが、郊外の怪しげな学校の体育館を一時的に使った「裁判所」の廷吏役、木村を誘惑する4人の女として常石梨乃、川上史津子、早川知子、関根愛が出演し、11年ぶりの映画出演となる歌舞伎俳優・坂東彌十郎が“殴る男”役として重厚な芝居を披露する。

 来日30年目となるウィリアムズ監督は「最近よく、こう感じるのです。『私たちは誰しも、何かしらの罪で逮捕されてもおかしくない世の中で生きているんじゃないか』――ということは、どうやって無罪を主張するのか。あなたは、あなたの『無実』を証明することはできますか?」と疑問を呈した。「カフカが1915年に執筆したこの物語は、いつ映画化されてもその時代に通じるものがあります」と説明し、本作の時代設定について「私は現代の東京を選びました。悪夢が現実の世界に浸食するように、見る人が、日本、そして世界で実際に起きていることを思い浮かべてくれたらいいな、と思っています」と語っている。そして「この映画が、ぼんやり寝ぼけた頭を突き刺すモーニングコールになることを願っています。その、うっとうしい目覚まし時計はこう鳴り響いています。『お・き・ろ!』」とメッセージを送っている。

 「人生について明確な答えを持っている人間はいないと思います。主人公Kもそうだと思います。Kを演じるにあたっては、共演者に対して、身に降りかかる不条理な出来事に対して、心身をさらけ出してその瞬間、瞬間に居続けることだけを目標にしました」と撮影を振り返るにわ。「果たして作品の中でKは、様々な出来事に翻弄されながら答えを見つけることが出来たのでしょうか? この映画も、カフカの小説同様、見て頂いた方々の数だけ、解釈、感想が全く違ってくると思います。上映後見て頂いた方々に聞いて回りたい勢いです(笑)。是非、情報化社会の荒波の中、必死で生きる皆様に見ていただきたいです」とコメントを寄せている。

 「審判」は、6月30日から東京・渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

最終更新:3/28(水) 17:45
映画.com