ここから本文です

タイガー「勝つチャンスがある」 通算4アンダー2位タイに浮上

3/10(土) 11:03配信

my caddie

 米男子ツアーのバルスパー選手権(現地時間9日/フロリダ州、インニスブルック・リゾート&GC)2日目が終了。タイガー・ウッズ(米)は通算4アンダー2位タイと好位置につけた。

【第2R順位】バルスパー選手権

 インスタートのウッズは、12番、13番と連続バーディを奪い2アンダーで折り返す。後半2番で3メートル強のバーディパットを沈め、首位タイに並ぶ。5番パー5ではグリーン手前のバンカーからピンそば約1メートルにつけ、バーディとし単独トップに立った。最終ホールでボギーを叩いたが、首位と2打差の2位タイで3日目を迎える。

 調子の良さはスタッツからもうかがえる。平均飛距離が307ヤード、パーオン率が61.11%(11/18)、フェアウェイキープ率が61.54%(8/13)、パット数が26と試合をこなすたびに数字が良くなっている。

「体の調子もいいし、今週は十分に勝つチャンスがある」とウッズはラウンド後のインタビューで答え、2013年のWGC-ブリヂストン招待以来となるツアー通算80勝目に向けて、残り2日間をプレーする。

最終更新:3/11(日) 10:49
my caddie