ここから本文です

壁や家具も作れる軽量な巨大ブロックで夢の生活を。

3/10(土) 15:00配信

bouncy

「レゴブロック」で遊んでいると、ふと「これが実物大のサイズで、建物や家具が作れたらなぁ」と思うことはないだろうか。そんなアイディアが現実のものとなる、巨大なブロック「EverBlock」が海外や日本で販売されている。

日本では株式会社こうじばんが「マイ・ブロック」として販売している本製品。長方形の「フルサイズ」は1480円(以下、全て税別)、高さと奥行きのサイズが同じ「ハーフサイズ」が1240円、さらにその半分の「クォーターサイズ」や、上にかぶせる「キャップ」が870円で販売中だ。

アイディア次第でさまざまな構造が組み立て可能

耐衝撃ポリプロピレンからできた「EverBlock」は本体上部に突起が備え付けられており、「レゴブロック」のように自由に積み重ねることができる。本体の大きさは「フルサイズ」なら縦30.48×横15.24×奥行き15.24cmで、重量は約1kgと軽く、簡単に高い場所まで持ち上げられるのが特徴だ。本体色はカラフルな14パターンから選択できる。

公式サイトを見ると、部屋のパーティションからパソコンデスク、テーブル、本棚、インテリア、アート作品まで、さまざまな利用用等があることがわかる。さらにブロックは耐久性が高く水中でも使用可能で、UVプロテクトも施されているため、門や壁など屋外に設置する構造物も作れるのだ。

より気軽なダンボールバージョンも

さらに「EverBlock」バリエーションとして、ダンボール製の「EverBlock Jr.」も販売されている。こちらは「EverBlock」と同サイズで、軽量かつリサイクルが可能で地球環境にも優しいなどの特徴がある。「EverBlock Jr.」は「フルサイズ」が100個セットで250ドル(約2万7000円)と廉価に販売中だ。

「EverBlock」は、人々や企業がアイディアを形にする手段を革新するために開発されたという。子供の頃に遊んだ「レゴブロック」がより大きくなれば、我々の想像力もより大きく広がるはずだ。

・ ・ ・

建物の構造や家具などが簡単に組み立てられ、さらには野外でも使用できる「EverBlock」。個人の趣味だけでなく企業イベントなど、幅広い応用の幅がありそうだ。

EverBlock Systems

Viibar.Inc

最終更新:3/10(土) 15:00
bouncy