ここから本文です

ホンダ、鈴鹿ファン感でチームHRCが使用するCBR1000RRWのカラーリングを初公開

3/10(土) 14:20配信

オートスポーツweb

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦するTeam HRCが、3月10日から鈴鹿サーキットで開催されている「2018 モータースポーツファン感謝デー」でホンダCBR1000RRWのカラーリングをお披露目した。

【画像】チームHRCが使用するCBR1000RRWのカラーリング

 10年ぶりにホンダワークスとして全日本ロードと鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦するチームHRC。2017年のJSB1000チャンピオンである高橋巧をライダーに起用し、元MotoGPライダーで鈴鹿8耐で5度の最多優勝記録を持つ宇川徹監督がチームの指揮をとる。

 モータースポーツファン感謝デー初日のオープニング後に行われたイベントに高橋と宇川監督、2018年のMotoGPクラスにフル参戦する中上貴晶が登場。この場でチームHRCが使用するCBR1000RRWのカラーリングがアンベイルされた。

 お披露目されたマシンは赤、青、白を基調としたトリコロールカラーで、アンダーカウルには日本郵便やホンダドリームといったチームHRCをサポートするスポンサーのロゴが掲げられている。使用するゼッケン番号はチャンピオンナンバーの1だ。

 アンベイル後は、高橋がCBR1000RRWで、中上がRC213V-Sでデモランを行う予定だったが、高橋は左手を負傷していたため、デモランは行わなかった。かわりに、高橋がCBR1000RRWのエキゾーストを会場に響かせ、最後に中上がRC213V-Sでデモ走行を行った。


[オートスポーツweb ]