ここから本文です

「食彩しんみなと」18日まで 特別メニュー人気

3/11(日) 9:31配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 射水市の「食」をPRするキャンペーン「食彩しんみなと」に参加している同市新湊地域のすし店や料理店、レストラン、特産品販売などが、旬の魚介類を使った特別メニューを楽しんだり、物産品を購入したりする人たちでにぎわっている。18日まで。

 新湊地域の魚介類の魅力を発信する企画で、今回はすし店5店と料理店13店、特産品販売の3店が参加している。

 料理店は新湊の名物のベニズワイガニやズワイガニを使ったメニューやコースをそろえる。善光寺の第一イン新湊6階のレストラン「潮騒」は、地元産のカニとシロエビを使った「新湊紅白丼定食」を提供。甘みたっぷりのカニとシロエビにイクラやとろろが加わり、海の幸が織りなすぜいたくな味わいが楽しめる。

 すしは、にぎり10貫の2200円と、12貫に各店オリジナルの1品を加えた3250円の2コースがある。

 キャンペーンは射水商工会議所主催、北日本新聞社共催。ほとんどの参加店は予約が必要。問い合わせは射水商議所、電話0766(84)5110。

■参加店
【すし】石松寿司(中新湊)、秀鮨(中央町)、清寿し(港町)、寿司江戸一(東明七軒)、浪花鮨(西新湊)
【割烹・レストランなど】割烹翁(中央町)「カニシャブカニ三昧コース」、割烹かわぐち(中央町)「カニコース」、
居酒屋さけ・さかな海一(中央町)「カニコース」、料亭三角(立町)「かに三昧」、新湊懐石しずはな(立町)「かにづくし」、割烹たけ志(中央町)「蟹コース」、割烹松山(立町)「食彩カニ御膳」、第一イン新湊・潮騒(善光寺)「新湊紅白丼定食」、レストラン登汐(松木)「白エビのスプリングロール」、レストラン松木(本町)「カニわっぱ飯定食」など、道の駅新湊(鏡宮)「カニ御膳」、海の駅新湊Sazan(海竜新町)「ワンプレートランチ」、FELISCENA(海王町)「旬彩おすすめコース」
【特産品販売】片口屋(八幡町)「刺身盛り合わせ」、カモン食品館(本町)「カニ1パイ」、夢テラス海王(海王町) 「かまぼこチップス5種」