ここから本文です

ハーレムラインが3連勝で桜花賞切符獲得/アネモネS

3/11(日) 16:08配信

netkeiba.com

 11日、中山競馬場で行われたアネモネS(3歳・牝・OP・芝1600m)は、2番手でレースを進めた大野拓弥騎手騎乗の1番人気ハーレムライン(牝3、美浦・田中清隆厩舎)が、逃げた2番人気レッドレグナント(牝3、美浦・大竹正博厩舎)を直線で交わし、最後はこれに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒5(稍重)。

 さらに2馬身差の3着に5番人気ノーブルアース(牝3、栗東・牧浦充徳厩舎)が入った。なお、3番人気レッドイリーゼ(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)は6着に終わった。

 勝ったハーレムラインは、父マンハッタンカフェ、母マクリス、その父グルームダンサーという血統。初勝利には5戦を要したものの、そこからの3連勝で桜花賞の優先出走権を獲得した(2着レッドレグナントも獲得)。

【勝ち馬プロフィール】
◆ハーレムライン(牝3)
騎手:大野拓弥
厩舎:美浦・田中清隆
父:マンハッタンカフェ
母:マクリス
母父:グルームダンサー
馬主:吉田千津
生産者:社台ファーム
通算成績:7戦3勝

最終更新:3/11(日) 16:33
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ