ここから本文です

佐藤健、木梨憲武を絶賛「モーガン・フリーマンかと」

3/11(日) 16:22配信

シネマトゥデイ

 奥浩哉の同名人気漫画を実写化する映画『いぬやしき』(4月20日公開)のプレミアイベントが11日、東京新宿区の歌舞伎町シネシティ広場で行われ、16年ぶりに映画主演を果たした木梨憲武が登壇。共演した佐藤健から「横で見ていてモーガン・フリーマンかと思いました」と演技力を絶賛されると「あとで5千円あげる」と思わず照れ笑いを浮かべた。

【写真】木梨憲武が新宿の空を舞う!二階堂ふみ・本郷奏多・三吉彩花も降臨!

 同原作者の実写映画『GANTZ』2部作に続き、佐藤信介監督が映画化した本作は、職場でも家庭でも疎外される日々を送っていた主人公・犬屋敷壱郎(木梨)の日常が、超人的な能力を得て非日常へと変わっていくさまを描く。イベントには木梨、佐藤、佐藤監督のほか、キャストの本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花も登場した。

 木梨は16年ぶりの主演映画で、老けメイクを施してしょぼくれた初老のサラリーマンをパワフルに熱演。イベントでは登場時、背中がジェットエンジンのような機械に変形し、新宿の空を飛ぶヒーローのアクションシーンを再現する演出も行われ、新宿の空を舞う木梨の姿に観客も大興奮。

 人気作の主演に関して、「漫画を読んでいませんでしたので、『いぬやしき』のことを知らなくて、子供たちに言ったら『嘘でしょ? いぬやしきやるの?』って驚かれて……。同じ世代の中井貴一さんに言ったら、ただの犬の映画だと思っていました。はやく教えてあげたいです」と話すなど嬉しそうな表情を見せた。

 佐藤からは演技力について「演技がナチュラルでビックリしました。お笑いの要素を出してくるのかなと思っていたら、ずっと役者をやっている感じ」と絶賛され、監督からも「北島三郎さんに見えた」と褒められご満悦。「若いチームに入れていただき、本当に楽しい2か月間でした」と振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:3/11(日) 20:25
シネマトゥデイ