ここから本文です

【新日本キック】江幡睦、秒殺KO勝利で10連勝をマーク

3/11(日) 22:25配信

イーファイト

新日本キックボクシング協会
格闘技イベント「MAGNUM 46」
2018年3月11日(日)東京・後楽園ホール

【フォト】江幡のローで立ち上がれないほどのダメージを負ったタイ人

▼第14試合 メインイベント 日タイ国際戦 54.5kg契約 3分5R
○江幡睦(伊原道場/WKBA世界バンタム級王者)
TKO 1R1分26秒 ※セコンドからのタオル投入
●ニンモンコン・ペットプームムエタイ(タイ)

 現在9連勝中の江幡は、弟の塁と共に“打倒ムエタイ”を掲げ、タイ二大殿堂スタジアムの1つ、ラジャダムナンスタジアムのタイトルを狙っている。昨年9月には元ルンピニースタジアム認定ライトフライ級1位マフアンレックを左アッパー連打で2RにTKOで下し、同年12月にはタイ人を右ストレートで1RにKOするなど、ここ4戦ではパンチでのKO勝利が続いている。

 今回の相手ニンモンコンは55戦35勝(5KO)18敗2分の戦績を持つ20歳。

 1R序盤から江幡は強烈な右ローを狙い打ち。ニンモンコンが蹴り足をキャッチすると、江幡は左ローも散らしていく。ジャブを連打で突いてニンモンコンを下がらせた江幡は右ローでダウンを奪う。

 何とか立ち上がるニンモンコンに、江幡がパンチでラッシュを仕掛けてダウンを追加したところでニンモンコンのセコンドからタオルが投入された。

 TKO勝利した江幡は「10連勝目を挙げることが出来ましたが、僕はこのレベルではありません。僕たちの夢はラジャダムナンのベルト。今年中にランキング戦を組んでもらいたいと思います」とラジャ王座に向けて、まずはランキング入りを目標に掲げた。

最終更新:3/12(月) 0:18
イーファイト