ここから本文です

サンド伊達、今年も気仙沼で黙祷へ「出来ることをしっかりやって行こう」

3/11(日) 11:11配信

デイリースポーツ

 人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが11日、ブログを更新し、ちょうど7年前に東日本大震災が発生したこの日に、7年前と同じく宮城県気仙沼市を訪問していると報告した。「我々は生きているから何でも出来る。これからも、出来る事をしっかりやって行こう。あの日、亡くなった沢山の方々の為にも」と思いをつづった。

【写真】津波で打ち上げられた大型漁船…気仙沼で

 サンドウィッチマンは7年前の震災発生時に気仙沼市内でロケの仕事をしていた。震災後はたびたび被災地を訪問したり、義援金の口座を開設したりして、さりげない支援活動を続けている。

 伊達は、復興に携わっている県外の人々のことを紹介している。「夜、道路工事をしている方々と話した。岡山県から助っ人に来て2年になると言っていました」。「千葉県から派遣されて気仙沼市役所で働いてるという3人組の男性にもお会いした」。こうした人々の力添えで少しずつ前へ進んでいるとしている。

 震災から7年。「もう7年かぁって思う時もあるけど…いや、まだたったの7年か…というのが正解なのかも知れないな」と思いをまとめる一方で、恐怖がよみがえることもあるという。「あの日、気仙沼で朝からロケをしていて…ロケ場所の順序が違っていたら津波から逃げ切れなかった恐れがある」という内容の会話をスタッフとしたことも明かした。

 伊達は震災が発生した午後2時46分に黙祷を捧げるとしている。