ここから本文です

初マラソン関根が日本人トップでMGC出場権!初マラソン歴代4位 岩出、野上も

3/11(日) 11:34配信

デイリースポーツ

 「名古屋ウィメンズマラソン」(11日、ナゴヤドーム発着)

 東京五輪選考レースである「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権をかけた大会で、リオ五輪1万メートル女子代表(20位)でマラソン初挑戦の関根花観(22)=日本郵政=が2時間23分7秒(速報タイム)で日本人トップの3位に入り、設定記録を破ってMGC出場権を獲得した。初マラソンとしては日本歴代4位の好タイムとなった。

【写真】日本人トップでテープを切る関根

 関根は終盤、単独走の形になったが、5キロ17分前後のペースで懸命の走りを続けた。中継に入るほどの苦しみの声を上げながらゴールした。

 関根は瀬古利彦氏からMGC出場権獲得を意味するチケットを手渡された。「取り敢えず次のステップに進める資格をもらったので、ここから1年半ぐらいありますけど、成長できるように日々精進していきたいです」と東京五輪を見据えて、さらなる成長を誓った。

 名古屋ウィメンズマラソンでは、日本人3位以内は2時間28分以内、4位から6位の場合は同27分以内でMGC出場権を得られる。関根のほかには、岩出玲亜(23)=ドーム=が2時間26分28秒で日本人2位(総合4位)、野上恵子(32)=十八銀行=が2時間26分33秒の日本人3位(総合5位)に入り、MGC出場権を得た。

 優勝はメスケレム・アセファ(エチオピア)で2時間21分45秒だった。