ここから本文です

日本ハム清宮、ライバル桜井にバット出ず計3三振 オープン戦18打席無安打

3/11(日) 14:22配信

デイリースポーツ

 「オープン戦、日本ハム-DeNA」(11日、鎌ケ谷スタジアム)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、「7番・指名打者」で2試合連続のスタメン出場。DeNAのドラフト1位・東(立命大)の前にタイミングが全く合わず、2打席連続で空振り三振を喫した。

 四回2死一塁で迎えた第2打席。変化球3球で追い込まれ、最後は外角直球にバットは空を切った。表情はさえず、球審にコースを確認するなど、プロの壁に苦しんでいる様子がうかがえた。

 六回から、高校時代のライバルだった桜井(日大三)と対戦。2球ファウルで追い込まれると、外角直球で見逃し三振。苦笑いを浮かべてベンチへ引き上げた。

 二回1死は低めに沈み込む変化球に空振り三振。「調子が悪い感じは全くない」と話していたが、これでオープン18打席、14打数無安打となった。

スポーツナビ 野球情報