ここから本文です

荒れる春場所 鶴竜が白星発進も2大関が黒星 初場所優勝の栃ノ心は白星

3/11(日) 17:54配信

デイリースポーツ

 「大相撲春場所・初日」(11日、エディオンアリーナ大阪)

 「荒れる春場所」とも言われる通り、2大関が敗れる波乱の初日となった。

【写真】172日ぶり白星!取組後に髪を結い直す貴ノ岩、暴行を受けた患部は…

 白鵬が2場所連続、稀勢の里が6場所連続でともに休場。ひとり横綱となった鶴竜(井筒)は、小結千代大龍(九重)を寄り切りで下し、危なげなく白星を飾った。

 大関豪栄道(境川)は、前頭筆頭の玉鷲(片男波)と対戦。押し出しで敗れ、初日黒星を喫した。

 大関高安(田子ノ浦)は、前頭筆頭の遠藤(追手風)と対戦。土俵際まで押し込んだが、うまく体を入れ替えられ、送り出しで敗れた。

 初場所に優勝した関脇栃ノ心(春日野)は、前頭二枚目の宝富士(伊勢ヶ浜)を危なげなく寄り切った。

 2日目は鶴竜が遠藤(追手風)、豪栄道が前頭二枚目の荒鷲(峰崎)、高安が小結の逸ノ城(湊)、栃ノ心が前頭筆頭の玉鷲(片男波)と対戦する。