ここから本文です

岩永徹也、エグゼイド愛に溢れたあの「土管カット」公開

3/11(日) 9:00配信

デビュー

『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)に檀 黎斗(だん・くろと)/仮面ライダーゲンム役で出演した俳優・岩永徹也のファースト写真集『Messenger』のアザーカットとメイキングムービーが公開された。

【写真】岩永徹也のファースト写真集からのアザーカット。

 岩永自身がインスピレーションで決めた、AからZまでの頭文字のキーワードを写真で具現化し、さまざまなシチュエーションと衣装スタイル、表情で、26通りの岩永徹也を楽しむことができる写真集。今回解禁されたのは『Messenger』本編には掲載されていないアザーカットと、メイキング映像だ。

 中でも注目は“土管ショット”。岩永は『仮面ライダーエグゼイド』で、仮面ライダーの世界の全てのシステムを司るゲームを開発したゲーム会社「幻夢コーポレーション」のCEOを演じ、ストーリーが進むにつれ『神』と呼ばれる強烈なキャラクターと化していった。ゲームのコンティニュー時に土管の中からドヤ顔で復活したことがファンの中で話題かつ伝説のシーンとなっており、“土管ショット”はそんなシーンを彷彿させる仕上がりになっている。『仮面ライダーエグゼイド』に対する愛が溢れる岩永だからこそ実現したショットだ。

 岩永は、IQ148以上を持つ集団「JAPAN MENSA」の会員であり、最近ではクイズバラエティでも活躍中。その端正なルックスと知性で“IQ王子”とも呼ばれる。自身のオフィシャルグッズやTwitterでオリジナルキャラクター“オーロラちゃん”を展開するなど、超天才とはギャップの大きいふわふわとした素の雰囲気に引き込まれるファンが急増中。そんな彼のメッセージが詰まった写真集で、さらなる彼の魅力に触れてみてはどうだろう。
 なお3月18日、福家書店新宿サブナード店、3月25日福屋書店神戸店にて、写真集発売記念イベントが開催される。

■岩永徹也コメント

「例えば未来に何か1つ残せるとしたら、私はこの写真集を選びたい。それ程までに思える最高の作品が完成しました。今の自分の言葉で伝えたいメッセージをAからZまでのアルファベットに込めています。等身大で最大限の26人の岩永徹也、たくさんの方に届くといいな」

■岩永徹也プロフィール〉
1986年10月16日生まれ。長崎県出身。186cm、AB型。趣味=英会話、歌。特技・資格=認定薬剤師、カラーセラピストトレーナー、英検2級、TOEIC830点、TOEFL60点、国連英検B級、書道5段、珠算・暗算2級、数学検定2級、普通自動車運転免許、色彩検定2級、仏検4級。
2009年、雑誌『MEN'S NON-NO』専属モデルオーディションに合格しモデルデビュー。主演を務めるVシネマ『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー』が3月3日から期間限定上映の後、DVD&Blu-rayが4月25日に発売。4月9日20時から放送のTBS系にてドラマ特別企画『十津川警部シリーズ5』にて新キャスト・清水刑事役で出演が決定している。

最終更新:3/11(日) 9:00
デビュー