ここから本文です

福原遥、色×感情がテーマのフォトブック「お気に入りはキュアカスタードの黄色」

3/11(日) 20:23配信

デビュー

 女優・福原遥が10日、ファーストフォトブック『はるかいろ』(東京ニュース通信社刊)の発売記念イベントを東京・SHIBUYA TSUTAYAにて行った。

【写真】フォトブックをアピールする福原遥。

 雑誌『B.L.T.』の2年間に及ぶ連載2年分をまとめた一冊。“色と感情の掛け合わせ”がコンセプトで、様々な色の衣装を着た連載のアザーカットを中心に編集されている。お気に入りは黄色の衣装。「普段あまりビビッドカラーは着ないので、似合わないと思って不安だったんです。でも写真を見たら、普段の自分と違う自分を発見できました。『プリキュア』でキュアカスタードという黄色の役の担当だったので、今では一番好きな色です」と語った。

 「自分と一番違う色とテーマ」について聞かれると『オレンジ×艶』だという。「こんなに大人っぽい表情をしたことはなかったので、戸惑ってしまって。普段の私と全然違った、ちょっとかっこいいカジュアルな感じに仕上がっています」。一方で「素の自分に近いイメージ」については、一番最初のテーマ『透明』。「普段バラエティとかでも透明感のある清楚な感じの服を着ているので」と語った。

 最も印象に残っているのは栃木・日光でのロケ撮影。「日光江戸村とかおばけ屋敷とか、部屋が斜めってるところとか、いろんなところに遊びに行って、大好きなスタッフさんとフツーに旅行に行った気分で楽しい旅ができました。素の感じが一番出ているんじゃないかな」と振り返った。

 月によって自分のテーマカラーを決めるなど、色にはこだわっていて「今月の色はピンクです」だという。それだけに今作への思い入れも強く「撮った時の気持ちがちゃんと現されていて、絵本を見ているようなとても楽しい作品になっています。5年後に見返して、『あのときこう思ってたんだ』と振り返れる1冊になりました」とアピールした。

最終更新:3/11(日) 20:23
デビュー