ここから本文です

飯舘にそば処オープン 高倉さん夫婦「なまえのない店」

3/11(日) 10:01配信

福島民報

 福島県飯舘村前田の農業高倉辰彦さん(70)、君枝さん(67)夫婦は10日、自宅を改修した、そば処「なまえのない店」をオープンした。東京電力福島第一原発事故後、村内で個人が飲食店を開業するのは2軒目。初日は村民ら約40人が訪れ、そばや郷土料理を味わった。

 「開店おめでとう」。午前10時の開店を機に顔なじみの客が次々と訪れた。リフォームした台所で辰彦さんと君枝さんがてきぱきと動く。注文、配膳、レジなどを手伝うのは村内に住む知人だ。村民や避難先の伊達市で知り合った人たちに、お盆にのった料理が運ばれる。「おいしいね」。一様に笑顔を浮かべ、うなずいた。
 そばは「温」「冷」「ぶっかけ」の3種類。凍(し)み餅などの郷土料理も提供する。辰彦さんは「村外に避難した村の若い人にも来てほしい。食による人助けで少しでも復興に貢献したい」と決意を新たにした。
 土日の午前10時から午後2時まで、予約制で営業している。今月25日は休み。店の住所は飯舘村前田字広平66。

福島民報社

最終更新:3/11(日) 10:51
福島民報