ここから本文です

「マンハント」岡山ロケ場面紹介 写真80点展示、サイン色紙も

3/11(日) 10:01配信

山陽新聞デジタル

 福山雅治さん主演の映画「マンハント」のロケ地・岡山県美咲町でのロケハン(撮影場所探し)や撮影時の様子を伝える写真展が、映画にも登場した旧片上鉄道吉ケ原駅がある「柵原ふれあい鉱山公園」(同町吉ケ原)内の柵原鉱山資料館ロビーで開かれている。

 県と同町が主催。ジョン・ウー監督によるロケハンが行われた2016年8月24日と、福山さんら俳優陣が訪れた撮影本番の9月2日に同町産業建設観光課の川島聖史さん(50)が撮影。その時の写真と映画配給会社が提供した劇中の場面を切り取ったものなど約80点を展示している。撮影に使用された「吉ケ原」駅の駅名看板(縦約105センチ、横約170センチ)やウー監督のサイン色紙も並ぶ。

 中でも、ウー監督が駅構内や車両を視察したり、関係者と会話したりする姿のほか、10数人のスタッフが鉄道車両を押して動かしている様子、約260人が参加した撮影当日の休憩時間に、スタッフが町名物の卵かけご飯を食べたり、流しそうめんを楽しんだりしてリラックスしている場面などを捉えたロケ地ならではの写真が関心を集めている。

 会場には福山さんのファンらが訪れており、女性(50)=津山市=は「有名な人が多く出演する映画のロケ地が身近な場所と分かり感動した。映画も見てみたい」と話した。

 午前9時~午後5時。月曜(祝祭日の場合は翌日)休館。展示の終了は未定。ロビー内のみ無料。問い合わせは同資料館(0868―62―7155)。

 「マンハント」は16年8~11月、真庭市の蒜山地区や岡山市などでもロケが行われた。