ここから本文です

レクサス最小クロスオーバー「UX」発表。日本発売は2018年冬頃

3/11(日) 12:05配信

carview!

レクサスの新型の都会派クロスオーバー「UX」がジュネーブショーでワールドプレミアされた。全長4495×全幅1840×全高1520mm、ホイールベース2640mm。ホイールサイズは17~18インチ。エクステリアは「NX」を思わせるが、全体に低重心でシャープな印象を強めている。ブロックメッシュ形状で角度によって表情を変える独自デザインのスピンドルグリルや、アローヘッド形状のクリアランスランプがヘッドランプの上辺を縁取るのも特徴だ。

>>レクサス UXの写真と動画を詳しく見てみる<<

パワートレーンは新開発の直列4気筒2.0L直噴ガソリンエンジンに新開発の発進用ギアを備えたダイレクトシフトCVTの組み合わせと、2.0Lハイブリッドシステムなどを搭載。

ボディはGA-Cプラットフォームの採用に加え、大径化したコラムシャフトやねじり剛性を高めたコラムアシスト式EPSなど、操縦応答性や乗り心地にこだわっている。サスペンションは前:マクファーソンストラット、後:ダブルウィッシュボーン。“F SPORT”はリニアソレノイド式のアダプティブサスペンションや、パフォーマンスロッド&ダンパーを備える。

インテリアは日本の建築思想に着想を得たインパネ周りの造形や、伝統的な刺繍技法の刺し子をモチーフにしたキルティング、ベンチレーションを持つパーフォレーションを採用。和紙のようなインパネ加飾、ワイヤレス給電で光るエアコンルーバーのノブなども自慢だ。

先進安全性能は第二世代の「Lexus Safety System+」を搭載。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車や夜間の歩行者を検知可能で、高速道路等の同一車線で車線中央を維持する機能や、アダプティブハイビーム、標識を読み取りメーターやヘッドアップディスプレイに表示する機能も備わる。

最終更新:3/11(日) 12:05
carview!