ここから本文です

ももクロ×東北復興支援プロジェクト・希望の環「みんなでつながる、東北学」

3/11(日) 17:01配信

TOKYO FM+

ももいろクローバーZが贈る“教養エンターテインメント・プログラム”、「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」
毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルの先生たちが登場して、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中!
2018年3月11日(日)の放送では「みんなでつながる、東北学」のハピクロ・アカデミーを開講!
先生は、「希望の環」東京事務所 代表の小倉伸太郎さん。
東北の復興支援をする小倉先生に、「希望の環」が行う、さまざまなプロジェクト、支援方法について教えていただきました!

──「希望の環」のプロジェクトとは?

東日本大震災では、多くの食品生産者の方々が被害にあわれました。
「希望の環」プロジェクトは、美味しいものを作っている生産者の方々と、全国で”何か東北のためにやりたい”という方を繋げることで、東北の生産者、被災地の産業を復興していこうというプロジェクトなんです。

”なかなか現地には行けないけど、応援したい”という方にも、手に取りたくなるような商品を販売しているんです。
自治体のお祭りの方の協力を得て、イベントで販売したり、学園祭で販売したりと、全国様々な場所で販売をされています。

かなこ:そもそも、プロジェクトが始まったきっかけは何だったんですか?

小倉先生:もともと、私が全国のこだわりの食品を販売している会社に勤めていまして、震災前から石巻の「木の屋石巻水産」さん、「丸平かつおぶし」さんとは仲間だったんですね。
その2社が、工場が全壊するほどの被害を受けて、心配になって1ヶ月後に伺わせていただいた時に「何かできませんか?」と、お話をしたんです。

かなこ:はい。

小倉先生:その缶詰屋さんの社長が言ってたのが、「仕事を作らないと地元に留まれない。だから、誰も離れないために仕事を作りたいんだ」という相談を受けたんですね。
津波で工場は流されたんですけど、缶詰が流されて瓦礫に埋もれていたんですね。ラベルはボロボロだったんですけど、缶詰は強くて中身は安全だったので、被災者の非常食としても使っていたんですね。これが何十万缶もあったので、これを売れないか、ということがプロジェクトの始まりですね。

1/3ページ

最終更新:3/11(日) 17:46
TOKYO FM+