ここから本文です

京都水族館のケープペンギンの赤ちゃん、名前が決定

3/11(日) 9:00配信

Lmaga.jp

「京都水族館」(京都市下京区)に昨年11月、「ケープペンギン」の赤ちゃんが誕生。1万票を超える来館者の投票により、赤ちゃんの名前が「さくら」に決定した。

【写真】さくらと名付けられたケープペンギンの赤ちゃん

これまで同館のケープペンギンは、すべて京都の通りの名前がついており、今回も京都に実在する通り名のなかから絞り込んだ名前候補を掲示。母「むろ(室町通り)」、父「たかつじ(高辻通り)」で、子どもは「桜馬場通り」から名づけられた。9日におこなわれた『名前決定お祝いセレモニー』で、来館者に名前をお披露目すると、来館者は「かわいい名前!」と祝福した。

その後、さくらは展示エリアのプールにデビューし、初泳ぎは無事成功。生まれたときから成長を見守ってきた飼育スタッフは「無事に大きなプールでも泳ぐことができた」と安堵した様子だった。今後、さくらはひとりで泳げるようになるまで、「ペンギン」エリアの展示プールにて飼育スタッフと一緒に遊泳練習をおこなう予定。

最終更新:3/11(日) 9:00
Lmaga.jp