ここから本文です

メッシ不在のバルサ、L・スアレス&コウチーニョ弾でマラガに勝利

3/11(日) 8:55配信

ゲキサカ

[3.10 リーガ・エスパニョーラ第28節 マラガ0-2バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第28節2日目が10日に開催され、バルセロナがマラガのホームに乗り込んだ。前半15分にFWルイス・スアレスのゴールで先制したバルセロナは同28分にMFコウチーニョが加点し、2-0の完封勝利を収めた。

 招集リストに入っていたFWリオネル・メッシが、妻であるアントネッラさんの三男シロ・メッシの出産に立ち会うため、急遽メンバー外となったバルセロナは、太ももを負傷しているMFアンドレス・イニエスタも欠場。L・スアレス、コウチーニョ、FWウスマン・デンベレらがスターティングメンバーに名を連ねて試合に臨んだ。

 試合が動いたのは前半15分だった。MFパウリーニョのパスを左サイドで受けたDFジョルディ・アルバがアーリークロスを送ると、ピンポイントで届けられたボールに反応したL・スアレスがドンピシャのタイミングでヘディングで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。さらに同28分にはPA内でボールを受けたデンベレが鋭い切り返しでマーカーを外すと、折り返しに走り込んだコウチーニョが巧みなヒールで流し込み、リードを2点差に広げる。

 2-0とバルセロナがリードすると、前半30分にはサムエル・ガルシアがJ・アルバへの危険なタックルで一発退場。2点のビハインドを背負うマラガが数的不利に陥った。

 後半に入ると、同3分にJ・アルバのクロスからデンベレが放った左足ボレーがゴール右に外れ、同25分のコウチーニョのミドルシュートがGKロベルト・ヒメネスにストップされるなどバルセロナに追加点こそ生まれなかったものの、マラガの反撃を許さずに2-0の完封勝利を収めた。

最終更新:3/11(日) 8:55
ゲキサカ