ここから本文です

3.11のJ3開幕戦…「この一戦にかけていた」福島、ホームで群馬に意地の逆転勝ち

3/11(日) 16:41配信

ゲキサカ

 3月11日、2018シーズンのJ3リーグが開幕した。

 東日本大震災から7年を迎え、被災地を勇気づけるために戦う福島ユナイテッドFCと、1年でのJ2復帰を狙うザスパクサツ群馬がとうほう・みんなのスタジアムで激突。前半7分、ハンドによりPKを獲得した群馬は、キッカーを務めたFW大久保哲哉のシュートは止められたが、こぼれ球を大久保自ら押し込んで先制に成功した。

 だが、福島が後半開始早々に追いつく。3分、FKの流れから右サイドのMF輪笠祐士が上げたクロスをDF宇佐美宏和がヘッドで合わせ、同点。40分には、左サイドからのクロスをDF岡田亮太が中央へ折り返し、FW樋口寛規がスルーしたボールをMFニウドが豪快な左足シュートを突き刺し、2-1で逆転勝利を飾った。

 試合後のインタビューで田坂和昭監督は、「選手が良く戦った。アンラッキーな形で失点したが、全く精神的にぶれることなく逆転してくれた。我々スタッフもこの一戦にかけていた。勝てて良かった」と、ほっと胸をなでおろした。

最終更新:3/11(日) 16:42
ゲキサカ