ここから本文です

チャンスに絡んだカズ「何度か良い形あった」3・11追悼の“ギネス更新”ゴールならず

3/11(日) 19:20配信

ゲキサカ

[3.11 J2第3節 横浜FC3-0愛媛 ニッパツ]

 キングがホームに初登場した。横浜FCFW三浦知良が愛媛戦に途中出場し、最年長出場記録を51歳13日に更新した。今季は第2節の岐阜戦で後半43分から途中出場し、2試合連続で途中出場。3-0で迎えた後半38分、FWイバに代わってピッチに入った。

「向こうも前がかりになって、終盤はボールを触れていたし、何度か良い形もあって良かったんですけどね」。最前線に入ったカズは素早い動き出しでパスを呼び込んだ。後半アディショナルタイムにはMFレアンドロ・ドミンゲスとワンツーの形でPA内に抜け出したが、ラストパスが入らず、ジェスチャーで悔しさをにじませた。

 終了間際にもカウンターから右サイドをドリブルで運んでチャンスをつくり、最後はレアンドロ・ドミンゲスが左足シュートを放ったが、GKがビッグセーブ。得点には絡めなかったが、限られた出場時間で見せ場をつくった。

 キックオフは3月11日15時3分。試合前には発生から7年が経った東日本大震災の犠牲者に黙祷が捧げられたが、追悼ゴールとはならなかった。カズは1年前、2017年3月12日にJ2第3節群馬戦(1-0)でゴールを記録。この50歳14日弾はJリーグ史上最年長得点記録としてギネスにも認定された。世界が注目する記録更新の今季初得点はお預けとなったが、「また次ですね」と切り替えた。

最終更新:3/12(月) 2:04
ゲキサカ