ここから本文です

バルサ、21歳の“イニエスタ2世”加入でグレミオと合意へ

3/11(日) 20:55配信

ゲキサカ

 バルセロナは11日、MFアルトゥール・メロ(21)の移籍についてグレミオと合意に達したことを発表した。

 ブラジル人MFはパス能力、ボールキープ力に優れており、中盤で違いを生み出すことができるペースメーカー。グレミオのユース育ちで2015年1月にトップチームに昇格し、昨年9月にはブラジルA代表に初招集されている。

 グレミオのカルロス・アマデオGD(ゼネラルディレクター)は以前、スペイン『ムンド・デポルティボ』で「プレースタイルからして、バルサは(アンドレス・)イニエスタのような選手を獲得することになるだろう」と語っていた。

 クラブ公式サイトによると、バルセロナが優先獲得権のオプションを得たとのこと。これを行使した場合、今年7月に3000万ユーロ(約39億4000万円)+ボーナス900万ユーロ(約11億8000万円)の移籍金でアルトゥールが加入することになる。

最終更新:3/11(日) 20:55
ゲキサカ