ここから本文です

【S-BATTLE】米MMAで活躍する加藤久輝、那須川天心と戦ったウィサンレックら参戦

3/12(月) 6:30配信

イーファイト

 4月15日(日)愛知・岡崎市の竜美丘会館で開催される『S-BATTLE 2018 桜の陣』の対戦カードが発表された。

【フォト】那須川天心と戦うウィサンレック

 今大会に加藤久輝(ALIVE)の参戦が決定。加藤は大道塾・空道で2010~2014年全日本体力別重量級5連覇と2010・2012・2013全日本無差別優勝を達成し、現在はアメリカでUFCに次ぐ規模を誇るMMA(総合格闘技)プロモーション『ベラトール』で活躍。2016年4月には『RIZIN』に参戦して元DEEPウェルター級王者・ 悠太にパウンドでTKO勝ちしている。

 今回はキックボクシングルールでの試合となり、対戦相手は岡崎章太(DOT)。S-BATTLEのほかにもDEEP☆KICKに参戦しているヘビー級キックボクサーである。強力な打撃を持つ加藤がキックルールでどのような戦いを見せるのか。

 元ルンピニースタジアム認定フライ&バンタム級王者、元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者ウィサンレック・MEIBUKAI(命武會)の出場も決定。

 ウィサンレックは、過去にムエタイの試合で元K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレックにも勝利したことがあり、日本では野呂裕貴、国崇ら各団体のエースを得意のヒジ打ちで葬ってきた。戦績は300戦を超える。昨年8月には『KNOCK OUT』のメインイベントで、那須川天心と対戦して話題を呼んだ(3RにTKO負け)。

 今大会では“静岡の荒鷲”の異名を持つ戸塚昌司(Crushジム)と対戦する。

 また、3月11日の『PANCRASE 294』でパンクラス・ライト級2位の井上雄策を強力なパンチでTKOに破った、トム・サントス(32=ブラジル/ブラジリアンタイ)がS-BATTLE KICKミドル級王座の防衛戦を行う。挑戦者は2017年9月にJ-NETWORKミドル級王座決定戦を行った実績のある小原俊之(キング・ムエ)。左ミドルキックを得意とする。

 そしてメインイベントでは、DEEP☆KICK 63kg王者・敦YAMATO(大和ジム)と大岩優太(ブラジリアンタイ)がS-BATTLE KICKライト級王座決定戦を行う。

 敦は昨年12月、西岡蓮太とのDEEP☆KICK63kg級王者決定戦でパンチの乱打戦の末に、2度のダウンを奪って王座に就いたばかり。今回は二冠王を目指すことになった。

最終更新:3/12(月) 6:30
イーファイト