ここから本文です

【速報】ダニエル太郎、BIG4のジョコビッチから第1セットを先取[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ]

3/12(月) 5:48配信

THE TENNIS DAILY

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月8~18日/ハードコート)の2回戦でダニエル太郎(日本/エイブル)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)が対戦中。第1セットをダニエルが7-6(3)で先取した。

【特別生配信】ダニエル太郎 VS ノバク・ジョコビッチ

両者の対戦は今回が初となる。ダニエルは予選からの勝ち上がりで、現在の世界ランキングは109位。対するジョコビッチは第10シードで世界ランキングは13位。BIG4の一角、ジョコビッチ相手にどこまで食らいつけるかが期待される。

第1セットはジョコビッチのサービスからスタート。ラブゲームであっさりとキープされ、ワンサイドゲームになるかと思われたが、続く第2ゲームでは40-0と立て続けにポイントを決めた。その後、自身のミスとジョコビッチの鋭いショットでポイントを失い、デュースに持ち込まれたが、なんとかキープに成功する。

しかし、第4ゲームでは0-40と3つのブレークポイントを奪われ、そのままブレークされてしまう。第5ゲームでダニエルは30-40とポイントを上げるも、ジョコビッチのドロップショットからのロブショットという華麗なプレーに追いつくことしかできず、ショットはアウトとなってチャンスを作ることはできなかった。

第6ゲーム、ボレーの応酬という場面。最後はアウトとなってしまったが、1つでも多くポイントを取ろう、ジョコビッチのプレーに食らいつこうというダニエルの姿が見られた。そして、このゲームをキープしたダニエルだが、続く第7ゲームでもチャンスを作ることができず、ゲームカウント2-5と差が開いたままとなった。

第8ゲーム、15-30とリードされたダニエルだが、果敢にネットプレーを見せて追いつくも、続くショットがネットに掛かってセットポイントとなる。が、ここをデュースまで持ち込んでなんとかしのいだ。

続く第9ゲーム、ついにダニエルにチャンスが訪れ、40-30とブレークポイントを握る。デュースに持ち込まれたダニエルだが、見事なダウン・ザ・ラインを決めてアドバンテージを取ると、次のプレーのジョコビッチのサイドラインギリギリのショットがアウトとなり、ブレークバックに成功。第10ゲームをキープし、望みを繋いだ。

そして第11ゲーム、12ゲームを両者がキープし、タイブレークに突入した。ここでジョコビッチにミスが出始め、ダニエルが4-1とリードする。ダニエルはこの日4度目のダブルフォルトでポイントを失うも、先にセットポイントを得たのはダニエル。そしてジョコビッチのショットがネットに掛かり、7-6(3)で第1セットを先取した。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在、2セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は第1セットを先取したダニエル太郎(1回戦のときのもの)
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/12(月) 5:51
THE TENNIS DAILY

Yahoo!ニュース特設ページ