ここから本文です

福島の「空っぽ」どら焼き、全国から注文殺到 震災から7年目の偶然、「福島のものだから」じゃない嬉しさ

3/13(火) 7:00配信

withnews

 福島市のどら焼き専門店が販売している「餡のないどら焼き」。東日本大震災から7年を迎える直前に偶然話題となり、全国から注文が殺到しています。「震災がなかったら世に出ていなかったのに、不思議な縁ですよね」と話すどら焼き店の代表に話を聞きました。

【画像】これが話題のどら焼き「空」。人気の落花生、ラムレーズン、苺、抹茶、胡桃胡麻など11種類を紹介

餡のないどら焼き

 今月9日にツイッター投稿された画像。そこに写っているのは、餡のないどら焼きです。

 この投稿に対して、「これはパンケーキでは?」「(般若心経にある)色即是空か」といったコメントが寄せられ、リツイートは2万5千、いいねは5万を超えています。

 作っているのは、福島市のどら焼き専門店「丹坊」です。

 「商品名は空(そら)です。自分の好きなようにアレンジして食べて欲しいどら焼きです」と話すのは、丹坊の代表・村山由美子さん(39)です。

震災1年後にオープン

 母体である丹治製菓(福島市)では、震災の数年前から福島産の桃や小麦を使ったケーキ・焼き菓子に力を入れ、順調に業績を伸ばしていました。

 別工場を立ち上げてまもなくして震災が発生。それまで売りにしてきた福島産にこだわった商品が敬遠され始め、新たな業態として始めたのが、どら焼き専門店でした。

 「今だからこそ、地元の人たちがおいしいと喜んでくれる生菓子を作ろうと、震災から約1年後に丹坊をオープンさせました」と村山さん。

サービス品という位置づけ

 どら焼き専門店をうたうからには、広い年代の人が食べたくなる商品をそろえようと、「落花生」「洋酒葡萄(ラムレーズン)」など常時10種類以上を展開。

 自慢のふんわり、もっちりした生地をそれだけ味わってもらおうと、オープン当初から「空」もラインナップに加えています。

 「実は私、小さいころにどら焼きの餡をはじいて食べてました。皮だけのどらやきがあったらいいのになあと思っていたんです」

 他のどら焼き同様に、しょうゆ、はちみつ、日本酒を使った伝統的な製法で作っており、価格も2個(4枚)入って税込み135円とお買い得です。

 「餡はなくても素材や製法はどら焼き。カステラ屋さんの端っこじゃないですけど、サービス品という位置づけです」と村山さん。

1/2ページ

最終更新:3/13(火) 9:00
withnews