ここから本文です

高杉真宙の王子様感!『プリンシパル』ゆるふわ男子がハマリ役

3/12(月) 6:12配信

シネマトゥデイ

 人気マンガを実写映画化した『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(公開中)で王子様気質のモテ男子・桜井和央役を務めた高杉真宙。原作者のいくえみ綾が「再現度は120点!」と太鼓判を押すほどのハマリ役となった同役で、漫画から飛び出してきたかのような王子様像を見事に体現しており、SNSでも「真宙くんは本当に和央そのもの」「高杉真宙くん可愛かったとても和央だった」と絶賛の声があがっている。

メチャクチャ美しい…高杉真宙【写真】

 「仮面ライダー鎧武/ガイム」などで知られる高杉は、昨年『PとJK』『トリガール!』『散歩する侵略者』『逆光の頃』など多数の映画・ドラマに出演し、第9回TAMA映画賞の最優秀新進男優賞、2017年毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞に輝くなど、今注目を浴びている若手実力派俳優だ。

 『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』では、幼なじみの舘林弦(小瀧望)と共に学校で一、二位を争う人気者の桜井和央を演じた。弦はクールで“俺様系男子”なのに対し、和央はいつも笑顔で誰にでも優しい“ゆるふわ系男子”。女子の間では「弦と和央はみんなのもの」というルールがあるほどの人気ぶり……という役どころ。

 そんな和央は、弦から女の子と思われていたほどキレイな顔という設定だが、自身も女の子と間違われてスカウトされ芸能界入りしたという高杉は、ビジュアル的にも同役にピッタリ。透明感あふれる雰囲気を再現しており、まるで漫画の中の和央がそのままスクリーンに現れたかのようだ。犬とたわむれる無邪気な姿をはじめ、癒やし系男子の魅力を存分に発揮している。

 キャスト発表時に原作のイメージを大切にしつつ「高杉真宙だから演じられる桜井和央にしたいと思います」と意気込んでいた高杉は、外見だけでなく和央の内面も丁寧にキャッチ。いつも笑顔で柔らかい印象の和央は、周囲を気に掛ける冷静さと強さも持ち合わせているキャラクターだ。漫画好きで知られている高杉だけに、原作へのリスペクトを大切にしながら作りあげた和央はそうした真っ直ぐな性格もしっかりと表現されており、胸キュンシーンから爽やかな友情シーンまで、色とりどりの魅力が光る。

 『散歩する侵略者』では長谷川博己との掛け合いが絶妙だったが、本作でもその上手さは健在。ヒロイン役の黒島結菜や親友の弦役・小瀧とのやり取りを通して、母性本能をくすぐる癒やし系のチャーミングさと、芯が強くて頼りになる大人っぽさを兼ね備えた和央のキャラクター像が浮かび上がってくる。高杉とキャラクターそれぞれの良さが上手く溶け合った、まさにハマリ役といえるだろう。今後も主演映画『世界でいちばん長い写真』や、人気マンガの実写化映画『虹色デイズ』、裏社会で生きる少年たちを描いた『ギャングース』の公開を控えており、ますますの活躍が期待される。(編集部・吉田唯)

最終更新:3/12(月) 6:12
シネマトゥデイ