ここから本文です

J・ボイエガ&S・イーストウッド来日決定!『パシリム』“聖地”でプレミア登壇

3/12(月) 12:00配信

cinemacafe.net

アカデミー賞監督ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務め、新たにその思いを継ぐスティーヴン・S・デナイト監督がメガホンをとる『パシフィック・リム:アップライジング』。このたび、本作から主演のジョン・ボイエガと、“相棒”を務めるスコット・イーストウッド、そして12月の「東京コミコン」に続いてデナイト監督の3人の来日が決定! “聖地”ともいえる日本でのプレミアに参加する。

【写真】ジョン・ボイエガ『パシフィック・リム:アップライジング』



前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年後の地球を舞台に、進化を遂げたKAIJUと、より洗練されパワーアップを果たした新世代イェーガーに乗り込む若きパイロットたちの激闘を描く本作。

ジョンは2年半ぶり!スコットは映画のPR“初来日”
主人公ジェイクを演じるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でフィン役に大抜擢されて以降、『最後のジェダイ』『デトロイト』など躍進を続けるジョン・ボイエガ。前回の来日時にも日本愛を炸裂させていたが、今回は2年半ぶりの来日。

また、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『スーサイド・スクワッド』など話題作への出演が続くスコット・イーストウッドは、ジェイクとともにイェーガーに乗り込む相棒のエースパイロット役。なんと今回が映画のプロモーションとしては初来日! 実は昨年の「東京コミコン」開催中、別件で来日していたスコットは都内近郊でサーフィンや観光を楽しんでいる様子を自身のインスタグラムにアップ。「東京コミコンにも現れるのでは?」といった声も上がっていただけに、ファン待望の来日となる。

そして、「東京コミコン」緊急来日時の約束通り、約3か月ぶりにスティーヴン・S・デナイト監督もKAIJU映画の聖地、東京に再び降臨。この3人が揃ったファン待望のジャパンプレミアは3月・都内某所にて開催が決定。日本のアニメや特撮への大いなる愛とリスペクトに溢れた本作が、その起源ともいえる日本への上陸を果たすに相応しい超プレミアムなイベントとなるはず。

完成した本作を引っ提げ、彼らは“聖地”で何を語ってくれるのか。ついにベールを脱ぐ全世界待望の続編の詳細に、引き続き注目していて。

『パシフィック・リム:アップライジング』は4月13日(金)より全国にて公開。

最終更新:3/12(月) 12:00
cinemacafe.net