ここから本文です

ロックディスタウンの重賞2勝目なるか/フラワーCの見どころ

3/12(月) 10:01配信

netkeiba.com

 オルフェーヴル産駒初の重賞ウイナー・ロックディスタウンが始動。阪神JFでは惨敗してしまったが、ここで巻き返すことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

【写真】ロックディスタウンこれまでの軌跡

■3/17(土) フラワーC(3歳・牝・GIII・中山芝1800m)

 ロックディスタウン(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)は1番人気に支持された阪神JFで9着と惨敗。休み明けや輸送が影響したか、レース前から入れ込み気味だった。今回は藤沢厩舎に移籍して仕切り直しの一戦。キッチリと巻き返して、同父の女王ラッキーライラックとの再戦に臨みたい。なお、C.ルメール騎手が阪神の若葉Sでタイムフライヤーに騎乗するため、今回は池添謙一騎手とコンビを組む。

 トーセンブレス(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)は阪神JFで4着。後方待機から最速(タイ)の上がりを使ってみせた。まだ1勝の身だけに、クラシックに出るためには賞金の積み上げか、優先出走権の獲得が必須。ここは休み明けでも勝ちにくるだろう。

 その他、エルフィンSで2着のノーブルカリナン(牝3、栗東・友道康夫厩舎)、連勝中のメサルティム(牝3、栗東・荒川義之厩舎)、骨折明けも能力高いノームコア(牝3、美浦・萩原清厩舎)、未勝利戦快勝のディープインパクト産駒カンタービレ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:3/12(月) 10:53
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ