ここから本文です

【速報】ダニエル太郎、第2セットを4-6で奪われジョコビッチとの決着は第3セットへ[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ]

3/12(月) 6:39配信

THE TENNIS DAILY

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月8~18日/ハードコート)の2回戦でダニエル太郎(日本/エイブル)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)が対戦中。第1セットを7-6(3)で先取したダニエルだが、第2セットは4-6で奪われてしまった。

【試合速報】ATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ

第1セットを奪ったダニエルは、少しずつ調子を上げてきたのか危なげなく第1ゲームをキープする。第3ゲームもデュースに追い込まれるが、キープすることに成功。

第4ゲーム、30-15とリードしていたダニエルだが、ジョコビッチのドロップショットに食らいつくもリードを広げられず、決定的なチャンスを作ることができなかった。ここぞというドロップショットでも簡単にポイントを取らせてくれないダニエルに対し、ジョコビッチからは苦笑いも漏れていた。

なんとかこらえていたダニエルだが、第7ゲームでピンチが訪れる。ジョコビッチに連続してポイントを奪われ、デュースに持ち込まれてアドバンテージを取られる。そしてジョコビッチの強烈なショットにダニエルのリターンが大きく飛び出してしまい、ブレークされてしまった。

続く第8ゲーム、先にブレークしたジョコビッチにあっさりとキープされ、ダニエルはチャンスを作らせてもらえない。

迎えた第10ゲーム、追うダニエルは、またしても終盤で40-15とブレークバックのチャンスを迎える。しかし、BIG4からは簡単にブレークさせてもらえず、デュースまで追い上げられる。先にアドバンテージを取ったのはジョコビッチ。しかし、続くショットが力が入りすぎたのか大きくアウトとなった。このらしからぬプレーに会場からは大きなどよめきが起こる。

3度のデュースの末、ダニエルのショットがアウトになり、ジョコビッチが大きくガッツポーズ、4-6で第2セットを奪われ、決着は第3セットに持ち越された。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在、3セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は第2セットを奪われたダニエル太郎(1回戦のときのもの)
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/12(月) 9:29
THE TENNIS DAILY