ここから本文です

【3月11日インディアンウェルズまとめ】ディミトロフがまさかの敗北、ウイリアムズ姉妹は揃って勝利

3/12(月) 11:34配信

THE TENNIS DAILY

日本時間3月11日、「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月8~18日/ハードコート)で、第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が自身の大会初戦で敗れて躓いた一方で、第5シードのドミニク・ティーム(オーストリア)らが勝利を上げた。

8日に1回戦で登場したセレナ・ウイリアムズ

世界39位でノーシードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)がディミトロフと対戦し、7-6(4) 4-6 6-3で勝利し、3回戦に進出。テイラー・フリッツ(アメリカ)が次の対戦相手となる。

そのフリッツは同日、若手の注目選手の一人でもあるアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に対して、6-4、7-6(4)と封じ込めて勝ち上がってきており、今大会での成績をどこまで伸ばせるか注目だ。

同様に若手のチョン・ヒョン(韓国)も6(9)-7、6-3、6-3でドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)から勝利を手にした格好だ。

ほかにも、ドミニク・ティーム(オーストリア)が6-2、3-6、6-3でステファノス・チチパス(ギリシャ)を下したほか、パブロ・クエバス(ウルグアイ)が7-6(4)、6-3でデニス・シャポバロフ(カナダ)に対して勝ち星を上げるなど、若手選手らの間でも明暗が分かれた。

他方で、女子の大会の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~18日/ハードコート)の女子シングルスでは、ウイリアムズ姉妹が揃って白星。

ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が6-3、6-4でソラナ・シルステア(ルーマニア)に勝った一方で、出産から1年以上にわたってツアーを離脱し、今大会で復帰したセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は7-6(5)、7-5でキキ・バーテンズ(オランダ)を下した。順調に次戦に進出しており、次の試合ではビーナスとセレナの姉妹対決となる見通しだ。

加えて、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が6-4、6-3とモナ・バートル(ドイツ)に勝利したほか、カロリーヌ・ガルシア(フランス)も6-4、6-4でジェニファー・ブレイディ(アメリカ)をストレートで破った。

◇   ◇   ◇

【3月11日 主な試合結果】

◆男子シングルス2回戦

○ドミニク・ティーム(オーストリア) 6-2、3-6、6-3 ●ステファノス・チチパス(ギリシャ)

○フェルナンド・ベルダスコ(スペイン) 7-6(4) 4-6 6-3 ●グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

○パブロ・クエバス(ウルグアイ) 7-6(4)、6-3 ●デニス・シャポバロフ(カナダ)

○チョン・ヒョン(韓国) 6(9)-7、6-3、6-3●ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)

○ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 7-5、6-4 ●エフゲニー・ドンスコイ(ロシア)

○テイラー・フリッツ(アメリカ) 6-4、7-6(4) ●アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

◆女子シングルス2回戦

○ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ) 6-3、6-4 ●ソラナ・シルステア(ルーマニア)

○セレナ・ウイリアムズ(アメリカ) 7-6(5)、7-5 ●キキ・バーテンズ(オランダ)

○エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 6-4、6-3 ●モナ・バートル(ドイツ)

○カロリーヌ・ガルシア(フランス) 6-4、6-4 ●ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は10ポイントタイブレーク制のエキシビジョンマッチでのウイリアムズ姉妹
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/12(月) 12:01
THE TENNIS DAILY