ここから本文です

鹿島・小笠原 3・11の思い語る「7年でこれしか…復興遅れている」

3/12(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 東日本大震災から7年を迎えた11日、岩手県出身でJ1鹿島のMF小笠原満男(38)が淡々と、そして熱く語った。「思うことはいろいろとある。(3月11日は)つらい日でもある」。鹿嶋市内での練習を終えて淡々と言葉を紡いだ。

 「7年でこれしか進まないのかというくらい、復興は遅れている。いまだに仮設住宅で暮らす人もいる。原発の影響もある。数多くの問題があると思います」

 昨年末、岩手県大船渡市のグラウンドが人工芝化された。全天候型で1年間使用できる施設で、小笠原も尽力したものだ。

 「人口が減って、消滅危機にあるサッカーチームもある。スポーツを子どもたちができる環境を作れれば」。グラウンドには復興への思いが込められている。震災を知らない県外の子供たちを招待し、大会やサッカー教室も開催する。

 「2度とああいう被害が起きてほしくない」。3・11。心からの思いを訴えた。