ここから本文です

lynch. 幕張ワンマンで完全体に 「5人でここに立てるのを夢見てました」

3/13(火) 7:00配信

エキサイトミュージック

3月11日(日)、lynch.が幕張メッセ国際展示場でワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

暗転と共に、4人のメンバーが明徳に手を差し伸べるシーンを描いた映像が流れ“WELCOME TO THE GALLOWS”の文字が浮かんだ。1曲目の「PLEDGE」を終え、「幕張~! Are you ready?」という威勢の良い葉月(Vo)のかけ声で「GALLOWS」へ。「バンド結成13周年です。ありがとう。この1年いろいろありましたが、皆さんがlynch.というバンドを守ってくれたおかげで5人に戻ることができました」と葉月が話すと、この日よりバンド復帰となる明徳(Ba)がマイクを手に取り、「めちゃくちゃ心配かけて、迷惑かけて、すみませんでした。5人でここに立てるのを夢見てました。この場所を守り続けてくれてありがとうございます。夢に向かって、走り抜けていきます!」と決意を述べた。

アンコールではサブステージを使用し、アコースティックスタイルで「らせん」「BE STRONG」を披露し、ファンクラブ限定全国ツアー『TOUR'18「UNDEAD SOULS」-SHADOWS ONLY-』の開催を発表。自身最大規模のライブ会場で迎える13周年、そして、約1年4ヶ月振りに5人揃ったlynch.。葉月は「5人に戻った最初の日です。夢みたいな景色ですが、完全に現実です!」と言って、その喜びを噛み締めた。

3曲のダブルアンコールをお見舞いした後には、7月にニューアルバム発売の予告映像が画面上に映し出され、約6000人が集結した会場は大歓声に包まれた。完全体のlynch.が、最新章の幕を開けた。

この日のステージ上で、4月25日(水)に発売される『SINNERS -no one can fake my blΦod-』のアーティスト写真が公開された。今作には、昨年の明徳不在時に発売した『SINNERS-EP』と『BLΦOD THIRSTY CREATURE」の収録曲を明徳によってベースリテイク&リミックスされた全9曲が収録されており、発売記念イベントが東名阪で開催される。6月24日(日)にはLUNA SEA主催大型フェス『LUNATIC FEST. 2018』に出演する。