ここから本文です

「ライラの冒険」ドラマ化!『ローガン』子役×トム・フーパー監督

3/12(月) 13:45配信

シネマトゥデイ

 ファンタジー小説「ライラの冒険」を『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督がテレビシリーズ化し、『LOGAN/ローガン』の少女ローラ役で脚光を浴びたダフネ・キーンが主演を務めることが明らかになった。Deadlineが報じた。

【画像】主演は『LOGAN/ローガン』のダフネ・キーンちゃん

 「ライラの冒険」(フィリップ・プルマン著)は、11歳の孤児の少女ライラと12歳の少年ウィルが、無数に存在するパラレルワールドを旅するさまを描いた3部作の冒険ファンタジー。2007年にはダニエル・クレイグやニコール・キッドマンら出演で第1部(『ライラの冒険 黄金の羅針盤』)のみ映画化されている。

 BBC One が満を持して手掛けるテレビシリーズは全8話で、イギリスのドラマ史上最高額となる制作費をかける予定。ダフネがライラ役を務め、人気ブロードウェイミュージカル「ハミルトン(原題) / Hamilton」のクリエイター、リン=マヌエル・ミランダも冒険家のリー・スコーズビー役で出演することになっている。『ワンダー 君は太陽』などのジャック・ソーンが脚本を執筆した。

 英ウェールズでまもなく撮影が始まり、ほかキャストについても数週間のうちに発表があるとみられている。イギリス以外の世界配給権については、AppleとNetflixが獲得に興味を示しているという。(編集部・市川遥)

最終更新:3/12(月) 13:45
シネマトゥデイ