ここから本文です

<矢沢永吉>「BG」最終回に本人役で出演 木村拓哉の希望で実現

3/13(火) 5:30配信

まんたんウェブ

 歌手の矢沢永吉さんが、木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終回(15日放送)に本人役で出演することが13日、明らかになった。木村さんの希望で実現したもので「今回引き受けてくださった矢沢さんには、本当に感謝しています。アーティストの方が、ご自身の役そのままでドラマに出演されるって難しいことだと思うので……」と話している。

【写真】“22年ぶり共演”木村拓哉&山口智子 再会はさながらロンバケの名シーン…

 2人の共演シーンは、早朝の日本武道館で撮影された。約600人のエキストラを動員した大規模なロケで、矢沢さんが姿を見せると歓声が上がった。木村さんは現場で矢沢さんと握手し、その後も楽しそうに談笑するなど、和やかな雰囲気で撮影が進んだ。

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描く作品。最終回では、発砲事件で命を落とした村田五郎(上川隆也さん)のICレコーダーも警察にデータを消されてしまい、世間からもたたかれ、島崎章(木村さん)は悔しい思いを抱く。だが厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が「真実を話します」と名乗り出てくる。章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をするが、章たちの身にも危険が……というストーリーだ。

 ◇木村拓哉さんのコメント

 最終回に出ていただくVIPはどなたに……という話をスタジオ横の控室でしていたとき、僕が「矢沢永吉さんにお願いできないか」と言ったんです。今回それを引き受けてくださった矢沢さんには、本当に感謝しています。アーティストの方が、ご自身の役そのままでドラマに出演されるって難しいことだと思うので……。

 矢沢さんにご出演いただき、撮影場所も日本武道館という最高のシチュエーション。何も知らされずに集まってくださったエキストラの方々も、矢沢さんの登場には思わず歓声を上げていたくらいでした。その“説明のいらない説得力”と現場の熱気がきっと画面からも伝わってくると思います。

 矢沢さんにご出演いただくシーンは、日ノ出警備保障の身辺警護課は着実に前に進んでいて、「今はこんな仕事をしているんですよ」ということを視聴者の皆さんにお届けする、びっくり箱のようなワンシーンになっているのではないでしょうか……。ぜひ、楽しみにご覧ください!

最終更新:3/13(火) 5:30
まんたんウェブ