ここから本文です

<亀梨和也>主演連ドラがクランクアップ 初の復讐劇に「充実した時間」と振り返る

3/13(火) 7:00配信

まんたんウェブ

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)がこのほど、クランクアップを迎えた。撮影終了後、花束を手渡した監督と握手し、そのまま熱い抱擁を交わした亀梨さんは、「初めての復讐(ふくしゅう)劇というチャレンジングなテーマの中でドラマに立たせてもらうことを、本当にうれしく思いながら充実した時間を過ごさせていただきました」と振り返り、「本当にいろいろなことが起こる中で、それを全てみんなの力でプラスに変えられた現場だったんじゃないかと思います。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!」とスタッフに感謝の言葉を述べた。

【写真特集】花束を手に持ち笑顔の栗山千明 亀梨とそろって撮了! 気になる最終話は…

 亀梨さんと一緒にクランクアップを迎えた、ヒロイン・小河原雪子役の栗山千明さんは、亀梨さんから花束を手渡され、「去年から今日まで、ハードで寒い中の撮影、皆さんお疲れ様でした! 私は前半戦、ハッピーなシーンから始まって、現場のチームワークをすごく感じながら、やりやすい状況を作っていただけて、どんどん大変なシーンに挑むことができました」と撮影を振り返った。

 2人の最後の撮影となったのは、13日放送の最終回2時間スペシャルの重要なシーンで、去年12月から始まった撮影も、このシーンをもって全て終了。亀梨さんは「今の時代だからこそ向き合わなければいけないテーマに、ド正面から向き合い、僕たちメディア側の人間が、メディアに対して問題を提示するという大きなチャレンジをした作品でした。誰にでも身近に起こりうる出来事をテーマに、世の中の現状を見る“角度”について、慶介という主人公を通して感じてもらえたらと思います。最終回も盛りだくさんなので、たくさんの人にいろんな要素を楽しんでもらえたらと思います」とアピールした。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬(藤木直人さん)を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 最終回は、若葉(橋本さん)への殺人未遂容疑で慶介が現行犯逮捕されてしまう。傷を負った若葉の姿を目の当たりにし、大きなショックを受ける雪子の元に、かつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名・吉澤優から電話がかかってくる。同じ頃、「ザ・プレミアワイド」の百々瀬は、慶介が逮捕されたと聞き、さらなる大スクープを画策する……というストーリー。

最終更新:3/13(火) 7:00
まんたんウェブ