ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

志らく、相撲協会擁護派は「悪党の論理」と一喝 貴乃花親方の場所前告発状提出で

3/12(月) 11:49配信

デイリースポーツ

 落語家の立川志らくが12日、TBS系「ひるおび!」で、貴ノ岩への傷害事件について貴乃花親方が日本相撲協会の対応に問題があったと内閣府に告発状を提出した件について、協会擁護派に「悪党の論理がある」と非難した。

 番組では貴乃花親方が内閣府に告発状を提出していた件について特集。以前から“貴乃花擁護派”として番組で意見を述べている志らくは、今回の問題について「何も今、場所前に出すべきじゃないと。それは一理ある」と、告発状提出が春場所直前だったことについては貴乃花親方側にも非がないわけではないとした上で「じゃあ、いつ出すんだと。場所が終わってから出せば優勝して楽しい時になんてことするんだと言われ、その前はレスリングの問題、その前はオリンピックの時に出したら何だと。出す時期はいつ出したって文句は言われる」と、どうしたって貴乃花親方を非難する声は挙がると指摘。

 そして「協会を悪くしないために貴乃花親方を悪くしようとする悪党の論理がそこにある」「貴乃花を悪者にして、こっちの組織を正当化しようとするようにしか、私には見えない」と言い切った。

 MCの恵俊彰からは「お言葉ですが、やっぱり(告発状提出は場所が)終わってからやるのがいいと思う。始まる前はこっちの話題になっちゃう」と意見したが、志らくは「それは一理ある」としたものの「ブレーンがいるんだろうけど、いいブレーンがいないんじゃない?世間を味方にするやり方は(他にも)あると思う」と、貴乃花親方擁護の姿勢は崩さなかった。