ここから本文です

古村比呂 抗がん剤治療の予想外の「副作用?!」に驚く

3/12(月) 15:26配信

デイリースポーツ

 がんの再々発を公表した女優・古村比呂(52)が12日、ブログを更新。抗がん剤治療の副作用で吐き気を催していたが、一転、食欲が復活し、驚いたことを明かした。

 6日のブログで、3回目の抗がん剤治療を受けていることを伝えていた古村。治療後はずっと吐き気があるなど体調が悪く、寝ていることを伝えていたが、「あるある 副作用?!」と題した12日のブログでは「今日はなんとお腹が空いて目が覚めました」と予想外の“副作用”を報告。「昨日までは気持ち悪かったのに 驚きました!」と驚いた。減退していた食欲が復活し、朝ごはんもたっぷり食べたことも伝えている。

 古村は2011年に子宮頸(けい)がんを発症。12年3月に手術を受けた。完治したかに思われていたが、17年3月にがんが再発。1カ月の治療で再び治癒したとされていた。しかし、2月4日のイベントで「去年の11月にがんが再々発しました」と肺とリンパ節にがんが見つかり、1月から抗がん剤治療を開始したことを公表。「髪の毛が抜けてきょうはウィッグです」とかつらを着用していることを明かしていた。