ここから本文です

坂本真綾が歌いたい曲を詰め込んだ「ALL CLEAR」開幕

3/12(月) 21:44配信

音楽ナタリー

坂本真綾のライブツアー「坂本真綾 LIVE TOUR 2018“ALL CLEAR”」の初日公演が、3月10日に大阪・大阪国際会議場にて開催された。

【写真】坂本真綾「坂本真綾 LIVE TOUR 2018“ALL CLEAR”」大阪・大阪国際会議場公演の様子。(写真提供:FlyingDog)(他1枚)

2015年11月から2016年2月にかけて行われた「坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016 "FOLLOW ME UP"」以来となる今回のツアー。この日の公演で坂本は河野伸(Key)、佐野康夫(Dr)、大神田智彦(B)、今堀恒雄(G)、石成正人(G)、稲泉りん(Cho)、高橋あず美(Cho)という彼女と縁の深いバンドメンバーと共に、“坂本が今、歌いたい曲”を中心に新旧織り交ぜたセットリストを展開した。

美しいライティングがエレガントなムードを演出したオープニングのあと、坂本は1月31日に発表した最新シングル「CLEAR」のカップリング曲「レコード」を披露。春先をイメージして作られたという同曲で柔らかな歌声を響かせ、オーディエンスを魅了していく。そしてライブ初披露の「逆光」を力強く歌唱したあと、「CLEAR」で彼女はファンにマイクを向けシンガロングを誘った。

その後坂本は「誰にでも覚えられる簡単な音楽なの、私が作ったから(笑)」と前置きし、4月スタートのテレビアニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」のエンディングテーマに採用された新曲「ハロー、ハロー」を初披露。同曲について「自分で作詞作曲をした曲がタイアップになるのはまだ経験が浅いのでドキドキしました。女子高生がスキューバダイビングでがんばる物語なので可愛さやさわやかさは必要なんですけど、そんな中でも、大人目線で聴いても聴けるし、ティーンエイジャー真っただ中にいる人が聴いても“私たちのことだわ”と思いながら聴けるようなものを目指して書きました。例えて言うなら過去の自分から届いたメッセージのようにも読めるし、今の自分が未来に向けて置き手紙するようにも読める、『ハローハロー』と呼びかける歌になっています」と思いを語った。パフォーマンスを終えた彼女は「冒険しつつ、初心に帰りつつ、もっともっと進化していく再始動のツアーにしたい」とツアーへの決意を示し、ライブを締めくくった。

坂本はこのあと3月17日に台湾・台北国際会議センター、24日に香港・AsiaWorld-Expo Runway11で海外公演を実施。さらに3月31日と翌4月1日に東京・NHKホールで国内公演を行う。

坂本真綾 LIVE TOUR 2018“ALL CLEAR”(※終了分は割愛)
2018年3月31日(土)東京都 NHKホール
2018年4月1日(日)東京都 NHKホール

坂本真綾 LIVE TOUR 2018 "ALL CLEAR" in Taiwan
2018年3月17日(土)台湾 台北国際会議センター(TICC)

坂本真綾 LIVE TOUR 2018 "ALL CLEAR" in Hong Kong
2018年3月24日(土)香港 AsiaWorld-Expo Runway11

最終更新:3/12(月) 21:44
音楽ナタリー