ここから本文です

テッセラクト『ゾンダー』、ジェントサウンドの向こう側へ

3/12(月) 12:49配信

BARKS

ポーキュパイン・トゥリーのスティーヴン・ウィルソン率いる気鋭のレーベルKscope所属の次世代プログレッシヴ・メタル・バンド、テッセラクトの4thアルバム『ゾンダー』が、2018年4月20日に発売される。

◆テッセラクト映像&画像

今回リリースされるのは、現代プログレの名門Kscopeレーベル移籍第2作目となるアルバム『ゾンダー』だ。先行シングル「ルーミナリー」で展開されているのは、静と動の輪郭を明瞭にした緻密なアレンジに、クリーン・ボイスと激しい声を組み合わせたボーカルによって増幅されるエモーションだ。この1曲で、新たな境地に達しようとするバンドの意欲的な姿勢が見て取れることだろう。テッセラクトが、いよいよジェントの向こう側に辿り着いたかのような印象すら受ける。

2000年代初期にスウェーデンのエクストリーム・メタル・バンドMeshuggahのギタリストFredrik Thordendalによる造語として発生し、プログレッシヴ・メタルから派生したヘヴィ・メタルのジャンルのひとつとして認知されたジェントだが、そのジャンルの中でも、年月を経て様々なバンドがそれぞれの進化を遂げてきている。テッセラクトは、先人達が切り拓いてきたあらゆる音楽を飲み込み、独自の解釈でアウトプットしているバンドのひとつだ。7弦ギターを駆使し変拍子を織り交ぜた複雑なリズムによって生み出される独特のグルーヴ、鉄壁のアンサンブルから繰り広げられるエクスペリメンタルな音空間、そして作品全体を包み込む英国特有の湿り気を帯びた空気感こそ彼らのオリジナリティだ。そんな彼らの魅力が凝縮された最新作『ゾンダー』は、2018年の大注目作のひとつだ。

テッセラクト『ゾンダー』
2018年4月20日 世界同時発売予定
【完全生産800枚限定CD+ボーナスCD】GQCS-90579~0 / 4562387205981 / ¥3,000+税
【初回限定盤CD+ボーナスCD】GQCS-90579~0 / 4562387205981 / ¥3,000+税
【通常盤CD】GQCS-90581 / 4562387205998 / ¥2,500+税
※日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.ルーミナリー
2.キング
3.オービタル
4.ジュノ
5.ビニース・マイ・スキン
6.ミラー・イメージ
7.スマイル
8.ジ・アロー
ボーナスCD
※ボーナスCDは、KLANG:fabrikの3Dサラウンドモニタリングが使用されており、ヘッドホンやイヤフォンで立体的なサウンドが楽しめます。
KLANG:fabrik:https://www.klang.com/es/demo

【メンバー】
アクル・カーニー(ギター)
ジェイムズ・モンティース(ギター)
ジェイミー・ポストーンズ(ドラムス)
ダニエル・トンプキンス(ボーカル)
アモス・ウィリアムス(ベース)

最終更新:3/12(月) 12:49
BARKS