ここから本文です

ジオラマで大熊を再現 若松で復興祭

3/12(月) 10:15配信

福島民報

 福島県会津地方に避難している大熊町民でつくる「おおくま町会津会」の「3・11おおくま復興祭」は11日、会津若松市の町役場会津若松出張所で開かれ、多くの町民らが集った。
 県内外に避難している町民から寄せられた色鮮やかなつるしびなを飾った。町を再現したジオラマも並べ、来場者が懐かしそうに眺めた。現在の町を捉えた空撮映像も上映した。
 出張所前に「3・11」をかたどったキャンドルをともし、折り鶴を並べた。東日本大震災が発生した午後2時46分に合わせ、黙とうした。

福島民報社

最終更新:3/12(月) 11:11
福島民報