ここから本文です

広野を音楽で笑顔に 洗足学園音大が復興コンサート

3/12(月) 10:55配信

福島民報

 洗足学園音楽大(川崎市)の学生有志による広野町復興支援コンサートは11日、福島県の広野町公民館で開かれ、古里再生の願いを込めたメロディーを届けた。
 被災地が東日本大震災に思いを寄せる日に音楽で励まそうと、橋本ひかるさん(須賀川市出身)、香取伸弥さん(いわき市出身)ら学生13人が「ブラスアンサンブル・オーヴ」をつくり、町内を訪れた。
 演奏会では「テ・デウム」「高貴なる葡萄酒を讃えて」「ドラゴンクエスト組曲」など7曲を奏でた。アンコールは「花は咲く」で、演奏に合わせて会場を埋めた町民が合唱した。
 同大は教員と学生ボランティアによる被災地支援推進チームをつくり、いわき、会津若松の両市などで被災地支援のコンサートを開いている。

福島民報社

最終更新:3/12(月) 11:08
福島民報