ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

採用担当や人事部が必ず嫌う、就活学生が陥りやすいNG行動5選(2018年春)

3/12(月) 20:25配信

投信1

2019年春に卒業を予定している大学生などの就職活動(就活)がこの3月から本格的にスタートし、オフィス街でリクルートスーツに身を包んだ学生の姿を見かける機会も増えてきました。

就職活動をする大学生の皆さんは、インターネットや本、先輩からのアドバイスなど様々な手段を使って情報を集め、対策を練っている人も多いと思います。

やはり第一関門は面接です。そこで、ここでは採用担当や人事部から面接の場面で「NG行動」とみなされがちな学生の5つの行動をご紹介します。人事部は面接を通じて、その学生の「入社後」をイメージしているものです。どのような目線で学生を見ているのか、それを知るための参考にしていただければと思います。

NG行動その1: チームワークの意識が欠如している

どの企業も優秀な学生を採用したいと考えています。しかし「優秀」とは、単に頭が良いといった個人の能力、スキルだけを指すのではありません。

なぜなら、仕事は1人だけで完結することなどほとんどないからです。いろいろな人を巻き込まなければ大きな仕事はできませんし、仕事をするうえでの関係者が増えれば増えるほど、コミュニケーションは重要な要素になっていきます。

また、キャリアを積み重ねるにつれ、チームをマネジメントする機会も増えていくはずです。企業が学生をいわゆる「幹部候補生」として見ていれば、チームのリーダーとしてふさわしい人物かどうかという評価軸を避けては通れません。

たとえば生命保険会社なら、支社の営業職員のマネジメント力が問われます。営業職員のモチベーションを維持しながら、昨年度比で結果を出していくことがチームで求められるので、仮にその管理の質が低ければ営業目標の達成が難しくなることもあるでしょう。

しっかり勉強してきたか、その成績などはともかくとして、体育会に所属してきた学生が人事担当者に根強い人気があるのは、こうしたチームワークの重要性を理解しているか、実践してきたかどうかという点にもあります。

1/3ページ

最終更新:3/13(火) 16:15
投信1