ここから本文です

復活するBMW 8シリーズに早くも新展開の「コンセプト M8グランクーペ」

3/12(月) 7:03配信

carview!

BMWは3月6日から開催中のジュネーブショーにて、8シリーズの新たなバリエーションとして「コンセプト M8 グランクーペ」を世界初公開した。市販モデルは2019年に発表するという。

>>コンセプト M8 グランクーペの写真と動画を詳しく見てみる<<

20年ぶりとなる8シリーズの復活はBMWより公式にアナウンスされており、2018年中に発表される予定となっている。昨年の東京モーターショーでも2ドアクーペの「コンセプト 8シリーズ」が公開され、市販モデルがカモフラージュされた状態で公道テストを行う姿も度々スクープされているが、それとは別に、新たに4ドアクーペが追加されることになる。これは現行ラインアップの4シリーズと6シリーズにそれぞれ設定されている「クーペ」「グランクーペ」と同じ図式であり、しかも今回公開されたのは高性能版の「M」モデルだ。

デザインは「コンセプト 8シリーズ」と同様にBMWの新しいデザイン言語を採用。大きく開いたフロントグリルや、低いルーフと張り出した前後フェンダーがワイド感を強調している。また、トランクリッドの後端はダックテールスタイルのスポイラーとなっており、このクルマのデザインアクセントとなっている。

パワートレインなどの情報は未発表。このスタイリッシュな4ドアクーペが市販バージョンでどのような姿になるのか? 2019年のデビューが楽しみだ。

最終更新:3/12(月) 7:03
carview!