ここから本文です

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー発表。カーボンパーツやハイテク技術のALAを装備

3/12(月) 18:54配信

carview!

ランボルギーニは「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」のオープンモデルをジュネーブで公開した。クーペモデルのペルフォルマンテ同様、炭素と樹脂の複合材料を金型成型する最新技術・カーボンフォージドコンポジット製のパーツを使うなどして、標準モデルの「ウラカン スパイダー」より35kgの軽量化を実現している。

>>ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーの写真を詳しく見てみる<<

ノーマルより30hpアップした640hp/8000rpmを発生する5.2L自然吸気V10エンジンやデュアルクラッチトランスミッション、四輪駆動システムなどはクーペ版のペルフォルマンテと共通。0-100km/h加速はクーペモデルの0.2秒落ちとなる3.1秒、最高速度325km/hは変わらない。

ソフトトップの開閉時間は17秒で、50km/hまでなら操作可能。オープンボディながら、クーペで注目を浴びたハイテクの「ALA(アエロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」も装備。ALAはフロントリップスポイラーとリアの大型ウィング&エアチャンネルを電動で変化させるアクティブ空力システムで、コーナーリングで後輪左右のダウンフォースを可変させる空力ベクタリングなど、様々な空力効果を発揮することができる。

欧州でのデリバリー開始は2018年夏で、日本での価格は3561万3532円となっている。

最終更新:3/12(月) 18:54
carview!