ここから本文です

レノファ山口、開幕3連勝

3/12(月) 14:18配信

宇部日報

猛攻5点、栃木下す

 サッカーJ2レノファ山口はリーグ戦第3節の11日、栃木県宇都宮市の県グリーンスタジアムで栃木SCと対戦し、5-2で勝った。今季初のアウェーゲームを大量得点で制し、開幕3連勝。首位を守った。

 開始直後はなかなかボールをキープできなかったが、前半16分に先制点。DF前貴之のロングパスに反応して裏から抜け出したDF小野瀬康介が、ペナルティーエリア右からのボレーシュートでネットを揺らした。38分には、MF三幸秀稔のコーナーキックをニアサイドに飛び込んだFW高木大輔がヘディングシュート。さらに前半終了間際の48分、FWオナイウ阿道が相手ディフェンスをかわし、豪快なミドルシュートを決め、開幕から3試合連続となる得点を挙げた。

 3-0で相手を突き放し、好調なまま折り返したレノファ。後半9分には、MF大崎淳矢が高木とのワンツーパスで裏に抜け出し、加入後初のゴールを決めた。栃木も後半に投入したFWネイツペチュニクが立て続けに2得点を挙げ、勢いを増してきた。苦しい時間が続く中、後半43分、相手の反則でオナイウにPKのチャンス。ゴール中央を冷静に狙い、得点を追加した。

最終更新:3/12(月) 14:18
宇部日報