ここから本文です

力強いスタートを切ったトロロッソ・ホンダ。ハートレーは開幕戦の目標を”上方修正”

3/12(月) 7:03配信

motorsport.com 日本版

 今季のプレシーズンテストで高い信頼性を発揮したトロロッソ・ホンダ。その予想以上の滑り出しに、ブレンドン・ハートレーは開幕戦オーストラリアGPに向けての目標を上方修正したようだ。

小さくなったエンジンカウルはホンダPUのおかげ!? トロロッソ・ホンダSTR13を、昨年型STR12とクリック&スライド画像で徹底比較

 トロロッソは、バルセロナで2度行われたプレシーズンテストで計822周を走行。ほぼトラブルフリーで8日間を過ごし、メルセデス(1040周)とフェラーリ(929周)に次ぐ距離を走破した。

 テスト最終日を担当したハートレーは7番手タイムでセッションを終えたものの、その前日にはチームメイトのピエール・ガスリーが予選シミュレーションを実施し、3番手タイムを記録していた。

 ルノーからホンダのパワーユニットへの載せ替えのため、シャシーにある程度の妥協を強いられているというトロロッソ。開幕当初は厳しい戦いを予想していたというハートレーだが、今は2018シーズンの開幕からポイント獲得を目標にしていけると述べた。

「みんながワクワクしているし、ポジティブになっている」

「トロロッソは昨年も強力なスタートを切ったし、シーズンを通じて進歩できるように多くの変更が行われてきた」

「今年はシーズン序盤、特にメルボルンは厳しいかもしれないと考えていたが、テストは自分たちの予想以上にうまくいった。間違いなく、僕たちはポイント獲得を目指して戦える」

「目標はポイント獲得でなければならない。僕はハースやルノー、マクラーレンもとても強いと考えている。でも、僕たちは彼らの間に入れていると思う」

 ハートレーは、トロロッソの新しいパートナーであるホンダが、テストの前から高い期待に応えていると再度強調した。

 今年のプレシーズンテストで見せた印象的な信頼性で、ホンダの進歩に懐疑的な人々を黙らせることができたと感じているかどうか、ハートレーに問うと「僕はそう思っている」と彼は答えた。

「1カ月前にファクトリーに行った時、ホンダとの新しいパートナーシップについて、みんな本当に期待していたし、前向きになっていた」

「みんながとても懸命に取り組んできたのを見ているので、高い期待を持ってテストに臨んだ。そして、彼らはそれに応えたんだ。このパートナーシップは、飛躍的なスタートを切っている」

Jamie Klein