ここから本文です

フェデラー BNPパリバ初戦突破、2連覇と王座防衛に向け好発進<男子テニス>

3/12(月) 9:14配信

tennis365.net

BNPパリバ・オープン

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は11日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)がF・デルボニス(アルゼンチン)を6-3, 7-6 (8-6)のストレートで下して初戦突破を果たし、2連覇と6度目の優勝に向けて好発進した。

【BNPパリバ・オープン対戦表】

当初、この試合は10日に行われていたが、雨による悪天候の影響でフェデラーが6-3, 2-2とリードした時点で11日に順延となっていた。試合再開後は両者共にサービスキープが続くも、最後はフェデラーがタイブレークを制して1時間41分で勝利を手にした。

3回戦では、第25シードのF・クライノビッチ(セルビア)と対戦する。クライノビッチは2回戦で、予選勝者のM・クルーガー(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

36歳のフェデラーがBNPパリバ・オープンに出場するのは、今回が17度目。昨年は決勝でS・ワウリンカ(スイス)をストレートで破り、5度目の優勝を飾った。今大会では、ベスト4に進出することで世界王者の座をキープすることができる。

また、過去5度の優勝を誇る第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は、2回戦で予選勝者のダニエル太郎にフルセットで敗れて、初戦で姿を消した。

tennis365.net

最終更新:3/12(月) 9:14
tennis365.net