ここから本文です

バルサにオプション付きで加入が決まったアルトゥールとはどんな選手なのか

3/12(月) 15:40配信

SPORT.es

FCバルセロナは“第二のチャビ・エルナンデス“ことアルトゥールをシーズン2015-16より追いかけてきた。チャビがバルサから去った際に、後任候補になった選手たちはウィルシャーやギュンドアン、ヴェラッティ、コケ等数多い。しかしながらそのいずれもがバルサ加入を果たさなかった。

【FCバルセロナ、ブラジル人MFアルトゥールとの合意を正式発表!】

おまけにアンドレ・ゴメスやデニス・スアレス、アルダ・トゥランといった補強選手らは主要選手として定着しなかった。チャビの離脱後年月が経過したが、バルサは今度こそ後継者に相応しい選手を迎えたのがアルトゥールだ。

バルサは公式声明の文章を通してこのように伝えている。
「FCバルセロナとグレミオ・フットボール・ポルト・アレグレンセはアルトゥール・エンリケ・ラモス・デ・オリベイラ・メロの買取オプションについてサインを交わすことで合意に達した。FCバルセロナは2018年の7月中に同選手の登録権利を施行することが可能となる。クラブが最終的にサインしたオプションを行使した場合、移籍金3,000万ユーロ(約39億円)とインセンティブ最大900万ユーロ(約11億円)が支払われることとなる。」

アルトゥールの特技はパスと敵のマークを欺く能力であり、そのボール運びの巧みさには定評がある。チャビとの違いはプレーのリズムを大きく変えることができるところだ。

またチャビと同じくアルトゥールも高身長ではない。身長は1メートル72センチで、このことがボールを守る際に長所となる。チャビと同レベルのプレーは望めなくても、アルトゥールは見事な動きをする選手だ。ちなみに体の右サイドを主に使い、左足でのシュートは滅多にしない。

まだ年若い選手であるが、試合の各場面における状況判断能力は見事だ。
自エリアでは落ち着きを失わず、辛抱強くプレーするが、相手エリアではアクセルを踏み、攻撃のチャンスを探す。大胆な攻撃をすることに躊躇は無い。この点においては元バルサ所属のデコことアンデルソン・ルイス・デ・ソウザにも似ている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:3/12(月) 15:40
SPORT.es