ここから本文です

ズベレフ 終盤失速で初戦敗退、世界85位ソウサに敗れる<男子テニス>

3/12(月) 15:47配信

tennis365.net

BNPパリバ・オープン

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は11日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)は世界ランク85位のJ・ソウサ(ポルトガル)に5-7, 7-5, 4-6のフルセットで敗れ、初戦で姿を消した。

【BNPパリバ・オープン対戦表】

この日、20歳のズベレフはファイナルセットでゲームカウント4-1とリードしたが、そこからソウサに5ゲーム連取を許して2時間23分で敗れた。

ズベレフは兄のM・ズベレフ(ドイツ)とのペアでダブルスに出場したが、1回戦で第7シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組に敗れていた。

ズベレフに勝利したソウサは、3回戦で第32シードのM・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。

同日の2回戦では、世界ランク106位のダニエル太郎が元世界ランク1位で第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を破る金星をあげ、「ATPマスターズ1000」で初の3回戦進出を果たした。

第22シードで出場予定だった錦織圭は風邪による体調不良で試合前に棄権した。

tennis365.net

最終更新:3/12(月) 15:47
tennis365.net